読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16 坂の途中

 一昨日の晩、狂って神園さんに某巣で対戦できませんか?とLINEを発信し、仕事帰りだった神園さんも狂って新幹線で駆けつけてくれるという神展開から50戦を堪能。最初こそ結構勝負になったものの、結局途中から俺が相手に合わせた行動修正ができず→自分に萎える→攻めにも守りにも自信がなくなる→プレイ精度が落ちるというデス負のループに突入してしまった。神園さんも言っていたが、このゲーム対戦中に「マジ俺下手くそ」とか思ったらもう終わりだ。対戦後にアドバイスをもらい、今後大きな課題になりそうなポイントは見つかった。

 

■中距離戦

なんというかすごいふにゃふにゃしている。33P強い、でもホールド怖い、6H+Kも強い、でもスカされるの怖い、ダッシュして攻めたい、でも置き技が怖いからホールド。という具合で芯が定まっていないまま行動してしまい、結果として相手には何のプレッシャーもないような状態。まだガンダッシュ投げと666Pを素直にランダム再生したほうがマシなレベル。

 

ハヤブサのリーチのある技が中段Pにやや偏っているのはあるが、ちゃんと対戦中に狙いを決めて立ち回ればもう少しマシになるはず。

 

■上段ホールド

クリティカル継続中見投げ狙いホールド待ち→しないとみてギリギリのタイミングでPPという行動は結構やる人が多い(自分含め)。そこに差し込んでいきたい感

 

■+4~6Fの時

防御行動で頭が一杯になっていると、脳死中段パンチを打ってしまいがち。こういう時にこそ飯綱が選択肢に入れられるゲーマーになりたいのだけれど....。バーチャでは意識すればちゃんとできたのだから、DOAでもちゃんとやりたいところ。

 

■全般

ゲーム中の意識の切り替えができていない/あらかじめ作戦を決めきれていない。

それでいてちょっとミスが重なると自分に萎えてイライラし、その結果更に行動が弱弱しくなっていく。ということで、ここらへんもうちょい頑張りたい。

キャリバーのマキシやバーチャのシュンは、少し困っている状況で鉄板の技や行動があった。DOAハヤブサにもあるはずだ。

 

仲道さん形式で、あらかじめこうなったらこれをやる、それを一度返されたらこう...みたいなのを完全に決定しておくのがいいのかもしれない。

 

 

 

 結局一昨日は神園さんと対戦後の他の人とのスト5も、序盤勝ち越してたのに相手が修正してきた時てんぱって最終的に負け越しという展開になり、流石の俺も対戦ゲームのセンスが無いのではないかと少しグロッてしまった。

ゲームというのは辞めない限りはコンティニュー可能なので辞めたら負けという俺ルールを脳内で形成して踏ん張るが吉か。

 

広告を非表示にする