読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

01

 唐突だがDOA5LRに関してのブログを始めることにした。というのも最近なんだかDOA関連の出来事で、記録に残しておきたいようなことが多い。その情報量はツイッターに投稿したらリムーヴされるくらいのボリュームになってしまっているからだ。さらに言えば自分はDOAをちょっと触っては離れ、ちょっと触っては離れをずっと繰り返してきたプレイヤーであり、おそらく最近の自分の動向を見ている人間には「またすぐやらなくなるだろう」と白眼視する者も少なくないだろうというのもある。

 

 とりあえず基本の自己紹介的なものから始めてみよう。

 

 自分が最初にDOAをやり始めたのは5Uの時で、キャラはこころだった。初心者におすすめだと言われていたし、展開が速いし、派生も多く、コマンドの三段投げがとても爽快だったのだけれどどうしてもキャラクターの動きのふわふわとした感じが自分に合わず、またクリティカルやられなどのシステムを飲み込むだけの度量も無かったためにDOAを離れてしまった。ところがある日ふと「そういや、ニンジャガの主人公がこのゲームにいるやんけ」ということに気付いてハヤブサを触ってみたら、モーションも声もカッコよく、操作はシンプルながら破壊力バツグン、ホールドも投げも気持ちいいとたちまち虜になっていった。 

 

 

 現在自分はPS3もPS4も持っておらず、箱DOAでトレモを繰り返しながらたまにゲーセンやオフイベントに顔を出してみんなにボコッてもらいつつ人と対戦できる歓びを噛み締めるというサイクルでそれなりに充実したDOAライフを送っている。しかし、その数少ない対戦の場で闇まさんに「ハヤブサのP+K、見てからホールド余裕じゃん!」とクリティカルバーストを全てホールドされたり、餅Aさんにこっちのライフ瀕死なのにわざわざ12F投げで殺された上「快楽重視」とストレスのはけ口にされたり、けいちゃん様に俺の動きはただそれっぽく、お上品ぶった動きをしていただけなのだということをオンライン上で最大限の野性を持ってわからされたりなど、中々人生とは塩辛いものだなあなどと思い知らされております。

 

ここには、日常のくだらねー対戦風景から、トレモの内容とか、思考メモ的なものとか、とりあえず色々と書いていくかもしれないし、書かないかもしれない。

 

下忍ハヤブサ使われのチラシの裏というスタンスでやっていこうと思います。

好きな格ゲーテキストサイトは「あばれ塾」です。

 

 

 

広告を非表示にする